土壌の状態を確認する|平板載荷試験をしよう|厳選されたプロを選ぶには

平板載荷試験をしよう|厳選されたプロを選ぶには

男女

土壌の状態を確認する

工事現場

土壌汚染とは何らかの理由で土壌が化学物質などによって汚染されていることです。土壌汚染は変色によって見えて分かるものもありますが、その多くは目に見えないものです。特に化学薬品を多く利用する工場などにおいては汚染するリスクは高く揮発性物質や揮発性有機化合物による汚染が敷地境界を超えて広がるリスクがあります。また地下に存在する有害物質が広がるケースもあります。これらの土壌汚染は直接、土に触れる環境でなければ特に問題になりませんが、地下水を利用する場合には地下水が汚染されている可能性があり、このため土壌汚染調査を行う必要があります。また土壌汚染が発生しやすい工場などの場合には土壌汚染調査を行う義務があります。特に土地の売却をするさいには土壌汚染の有無が重要になってきます。

土壌汚染調査を行うためには専門の土壌汚染調査を行っている業者に依頼する必要があります。土壌汚染調査の流れとしてはトータルに行う場合には地歴調査、土壌調査・分析、対策・浄化作業の3つです。地歴調査はかつてそこに工場など土壌を汚染する物質が存在していたかどうかを確認する作業です。すでに地歴がわかっている場合には土壌調査を行います。分析結果で対策が不要の場合にはそこで調査は終了しますが、問題がある場合には対策やひどい汚染状況であれば浄化作業を行うことになります。費用に関しては900平米以内であれば表層だけの土壌汚染調査であれば25万円から50万円程度ですが、より広範囲になると費用も高額になりますし、地表がコンクリートやアスファルトで覆われている場合には作業時間が長くなるため費用が高くなります。