危険を回避するために|平板載荷試験をしよう|厳選されたプロを選ぶには

平板載荷試験をしよう|厳選されたプロを選ぶには

男女

危険を回避するために

メンズ

良い地盤と悪い地盤

地盤にも良い地盤や悪い地盤が存在しています。見た目では変わりがない地面も地域によって地震の揺れが大きかったり、液状化現象を起こしやすかったり、沈下しやすかったりと性質が異なってきます。家やマンション、工事などで橋を建設したりダムを作ったりするときには、地質調査が必要不可欠なものになってきます。大きな工事現場になるとボーリング調査と言って、地面深くまで掘削を行って地面がどういう構造になっているのか調査をすることになります。岩盤がどれぐらいの深さにあるのか、岩盤に到達するまではどんな地盤なのか、これらの地面の上に建造物を建てた際には危険はないのかを調査していきます。軟弱な地盤の時には工事は中止になります。あらかじめ地盤を調査することで、構造物を安全な場所に作ることができます。

ボーリング工事の必要性

地質調査を行うボーリング工事は、特殊工事の一つになります。刃がついた鋼管を地中深くまで押し込んでいき決められた点で土壌を採取して、どんな地盤になっているのかを分析していきます。これを岩盤に到達するまで行っていく工事になります。大型の橋などは、十分に橋脚が岩盤に届いていないと橋が沈下を起こしてしまいます。一般的な家やマンションであっても、地盤が軟弱であった時は地震などの災害が起こってくると、家やマンションの沈下が起こってきます。地質調査を行うことで安心して構造物を作ることができるようになりますので、地盤の上に構造物を作るときには地質調査のためのボーリング工事を行って調査をすることが望まれています。