短時間で調査できます|平板載荷試験をしよう|厳選されたプロを選ぶには

平板載荷試験をしよう|厳選されたプロを選ぶには

男女

短時間で調査できます

重機

地盤調査の方法です

住宅をはじめとする建築物を建てるときには、必ず地盤を調査します。建物の土台となる地盤が建物を支えることになるからです。そのため、地盤が柔らかかったり、脆弱だった場合には地盤を強固にする必要があります。 地盤を調査するための方法として人気があるのは、平板載荷試験という方法です。これは、地盤に直に荷重をかけて調べることができるため、データの信頼性が高いためです。また、平板載荷試験にかかる時間が短いことから、簡易建物の調査に向いています。そして、地盤を改良した後も平板載荷試験を用いて強度の確認ができます。 日本の建物は、地震や豪雨などの心配が絶えない地域です。今後も、信頼のおける地盤の調査が必須といえます。

いろんな方法があります

地盤を調査する方法は平板載荷試験の他にもあります。スウェーデン式サウンディング試験、ボーリング標準貫入試験、レイリー波探査、ポータブルコーン貫入試験、オートマチック・ラム・サウンディング試験、ハンドオーガーボーリングなどです。 スウェーデン式サウンディング試験は、まずスクリューポイントを地盤に入れます。その時の貫入にかかる荷重とスクリューの回転した数から、抵抗の値を測定することでデータを取ります。 ボーリング標準貫入試験は、ボーリングで孔を開けてレイモンドサンプラーを地面の中に打ち込み、その打ち込んだ回数を測定してデータを取ります。 レイリー波探査は、レイリー波速度から調査します。 調査時間や作業スペースなどが異なるため、適した方法を選び地盤を調査します。