平板載荷試験をしよう|厳選されたプロを選ぶには

男性

危険を回避するために

メンズ

見た目の地面は同じであっても、地面の中がどういう構造になっているのかを知る必要が家を建てたり、マンションを建設したり、工事で建造物を建設するときには必要になってきます。地盤の地質調査を行うことがボーリング工事になります。

More...

短時間で調査できます

重機

平板載荷試験は、直接地盤に荷重をかけて調べることができるため信頼度が高く、また短時間で調査できることから、人気があります。 平板載荷試験の他にも、地盤を調査する方法があります。その土地に適した方法を選んで調査します。

More...

地盤調査の一つです

作業員

万能ではないです

平板載荷試験は、地表面に直接荷重をかけることで変位を測定する手法です。建築構造物においても土木構造物においても非常に多くのシチュエーションに対応している調査方法と言えるでしょう。一番大きな役割は平板載荷試験を行うことによって、地盤の許容応力度を直接的に測定できる点です。ただし、万能な試験方法というわけではなく、載せる荷重の物体の直系の2倍程度の深さくらいまでしかできないという点は知っておくべきでしょう。そのため、地盤が予め深い部分まで軟弱地盤であるような場合は利用するのは難しいです。そのような場合はボーリング調査によって支持層になる地盤を探すのが良いでしょう。そのうえで、杭を打つのか地盤改良するのか、土自体を置き換えるなどの特殊工事を検討することになるのです。

住宅向きの試験です

平板載荷試験は、どちらかというと元の地盤がある程度安定している部分での地盤強度を調べるのに適したものです。そのため、河川に橋をかけたり、田んぼに道路を作るような大型の土木工事にはあまり使われることは無いでしょう。もともと地盤の硬い場所に住宅を建てる場合や道路を改良・新設する場合は事前に平板載荷試験を行うことで、その上の住宅や道路の材料費を検討することができるので、コストカットにつながるでしょう。一般の人には馴染みがないかもしれませんが、これから新築を考えている人などは、自分で平板載荷試験について勉強しておくとで、建築会社に試験結果を確認すると良いです。そうすることで、手抜き工事を防ぐことにもつながるでしょう。

土壌の状態を確認する

工事現場

土壌汚染調査はその土地が何らかの化学物質などによって汚染されているかどうかを調査するものです。その土地を利用する場合や土地取引を行う上で汚染の有無は重要になってきます。特に工業地帯においてはさまざまな化学物質が使われているため汚染されている可能性が高く跡地利用には土壌汚染調査が必要です。

More...